ちょっとショック [気持ちはブルー]

最近、知ったことなのですが・・・[がく~(落胆した顔)][どんっ(衝撃)]
ギブソンの現行レスポール・スタンダードは丁度、山野楽器から黒澤楽器に代理店が移行した時期に(正確にはギブソン・ジャパン設立)モデルチェンジが行われ、レギュラーのモデルは、ボディの構造が、トップにメイプルとバックのマホガニーを貼り合わせて、両者の利点を組み合わせているわけですが、そのマホガニーに軽量化とチェンバー機能?を持たせるため、穴をあけたそうな。。。正確には、ソリッド・ギターでは無くなる??
img_565964_29292621_0.jpg
名称は、ウェイトリリーヴとかチェンバード構造とか言うようですが、それが、ボディが採用されることになりました。もともと、チェンバードボディは音を逃がすホール部分がない空洞を作ることで、ソリッド(普通のエレキギター)と、セミホロー(セミアコ)の中間のような音を目的とした物ですが、ギブソンはあくまで重量対策のようです。音には極力影響が出ないようにしてあるそうで[exclamation&question]
img_565964_29292621_3.jpg
さて、そのチェンバードボディですが、レギュラーモデル(スタンダード、Classic等)は全て採用されているようです。また、カスタムショップ製のギターにも採用されているそうです[ふらふら]ギブソン黄金期を再生したヒストリックコレクションは、軽いマホガニー材を選んで使っているから、こういう構造ではないとメーカーは言っているようですが。。。それより、レスポール スタンダードは82年頃から軽量化のために、実はボディ内部に くり抜き穴を空けてあるそうなことを、いままで公にしていなかったのがショックだわ[ー(長音記号1)][たらーっ(汗)]
img_565964_29292621_1.jpgimg_565964_29292621_2.jpg
オフィシャルな発表によれば、1982年頃以降から現在に至るまでのレギュラーラインの主たるレスポールモデル
(スタンダード、クラシック、スタジオ、トラディショナル、他)には、全てにウェイトリリーフ(軽量化のための穴)構造が採用されているとの事です。[がく~(落胆した顔)]
家にもある・・・こいつ(黒)とこいつ(青)はJrだから、穴が開いていたらばれちゃうけど(メイプルなし)
P3060012.JPGIMAG0222.jpg
こいつは、1970年代後半のクソ重たいノーリン時代のレスポールだから(パンケーキボディだけど・・)
PC050033.JPG
こいつは、ヒスコレだから大丈夫かな[exclamation&question]
PA060014.JPG
となると、妖しいのは94年辺りの、このレスポール・クラシックPP4(プレミアム・プラス)か・・・??
PC050046.JPG
高かったんだから、勘弁してくださいよ~[もうやだ~(悲しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]レントゲン撮ろうかなぁ~

(注)透視写真や一部の記事は、ネット上から借用させて頂いたものです。
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 3

コメント 4

1275GT

これは衝撃的な・・・
レスポールは重いのが命でしょうが!
あの重さがあればこそ、超絶な早弾きも出来るのです。
ワタシは出来ませんが・・・(失笑)
うちのは古かったり、安かったりで何となく逃れてます(爆)
by 1275GT (2012-09-10 20:54) 

paddies

うーん
でも、レントゲン撮ってがっかりも寂しいですよね・・・
by paddies (2012-09-11 05:50) 

komakura

1275GT様、いつもありがとうございます!
ギブソンに裏切られた気分です。(笑)あの重さに、年には勝てません。
by komakura (2012-09-11 22:12) 

komakura

paddiesさん、レントゲン撮ってくれるお医者さん、紹介して下さい(笑)
by komakura (2012-09-11 22:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

そういえば・・・・すろーらいふ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます